関汽運輸の歴史

沿革


1969年
矢吹機工株式会社の商号で設立

1985年
関汽運輸株式会社に商号変更

2010年
現本社に移転(旧本社:大阪市城東区永田)

2016年
川西倉庫株式会社の連結子会社となる

2020年
フジホールディングスのグループ会社となる

 

現在に至る

創業から現在

関汽運輸は株式会社関西汽船の子会社として誕生しました。

昭和17年郵便物の郵政省(日本郵便株式会社)より旅客船による郵便物の郵送を受託。

関西から四国間の郵便輸送が開始されました。

昭和59年2月から郵便物の効率化やスピードアップを図るべくトラック輸送ネットワークが大改革され

さらに昭和60年6月大鳴戸橋を機に淡路島経由のトラック便に変更されました。

昭和60年2月に関西汽船株式会社は矢吹機工株式会社を買収し競合関係メニューに改称しトラックによる

郵便物の輸送を開始しました。

平成19年10月の郵政民営化と平成24年10月の日本郵便株式会社の統合により、受託便数が大幅に増えました。

平成28年6月親会社であった『株式会社フェリーさんふらわあ』から川西倉庫株式会社へ株式が譲渡されました。

令和2年9月に川西倉庫株式会社からフジホールディングスへ株式が譲渡されました。